深読み!初恋ゾンビ

初恋ゾンビのキーとなりうる場面をひたすらピックアップします。初恋ゾンビは週刊少年サンデー連載の峰浪りょう先生によるラブコメです。毎回1つは新しい発見をお届けできればと思ってます。

13巻第125話 ワンモア・クリスマス

時間はちょっと戻って誕生日会の翌朝

12月25日

f:id:tatutat:20190602122215j:image

帰り道でタロウに言ったことを思い出す

目が腫れてる?

 

ボクはもう、お前の頼みを聞いてやれないかもしれない…

 

あの時のタロウの顔…

なんのことを言ってるかわかってない顔だったな…

f:id:tatutat:20190602122239j:image

本当は指宿くんがまともにタロウの顔を見れなくて、思い出す間も与えずに駆け出してしまったから

だから表情は思い出せない

描かれていない

タロウはすぐに思い当たったのに

 

龍姫祭りでタロウに頼まれたこと

『もう少しだけ、オレの傍にいてくれ』

ボクにとってはとても大切な、タロウとの絆…

 

寝起きのシャワーを浴びながら考える

おしつけの絆

恩着せがましい「いてやる」

あの時、去るつもりなんてなかった

f:id:tatutat:20190602122309j:image

タロウのベッドの枕元に置いたプレゼント

サンタコスから黒スーツに着替えたとき

コソコソ赤面しながら置いた

ケーキだけじゃプレゼントあげた気がしなくて

 

f:id:tatutat:20190602122339j:image

"ママ"と呼びそうになって、"お母さん"と言いなおす

けどこの後は結局"ママ"と呼んでます

母・菜々乃はクリスマスから三が日まで日本で過ごしにきた

 

指宿くんは、ちょっと見ない間に、女の子らしい体つきになっていた

 

菜々乃はずっと黒い服を着ていた

久しぶりに見た黒以外の服

まさか、あのクソ親父に会えるかもなんて期待してませんよね?

f:id:tatutat:20190602122357j:image

 

指宿くんは毎年クリスマスプレゼントはいらないって拒否してきた

それはリリトくんとして男の子向けのプレゼントはいらないということだったと母は知っていた

リリスちゃんなら欲しいものあるかしら?

f:id:tatutat:20190602122415j:image

母は表情から肯定の気持ちを読み取った

じゃあ、探しに行きましょう!

 

f:id:tatutat:20190602122453j:image

きっと今までは母の前では女の子の服は着ようとしなかった

f:id:tatutat:20190602122508j:image

この格好のままディナーに行くことも拒否しなかった

女の子に戻りたい気持ちはだいぶ進んでいる

神展開キタキタキタと内心大興奮で親指を立てるアリスさん

 

菜々乃はお酒をやめていた

以前は飲んでいた

発作は父・誠也のことになるとTPOをわきまえず出る

 

リリトとではなく、娘・リリスと過ごせるクリスマスは特別うれしい

もう少し早く立ち直って、あなたときちんと向き合っていればと母は詫びた

f:id:tatutat:20190602122541j:image

リリスは話す

今、ワタシが女の子の服を着れるようになったのは…

母「恋をしたの?」

f:id:tatutat:20190602122628j:image

素直に恋をしていることを認めた

 

体つきもすっかり女の子らしくなって、年齢的にも限界なんじゃない?

あなたこのまま高校2年生になるつもり?

 

それは無理だろうね

だから、ワタシ、日本を出てまたママと暮らそうかな

 

もう隠し通せる体型じゃなくなってきている

高校2年生までこのままではいられないだろう

それまでに母のいる欧州へ行こうかと指宿くんは考えている

 

 

13巻第124話 廻る観覧車

f:id:tatutat:20190602024116j:image

観覧車の同じ側で隣り合って座る2人

 

その時雪が降ってきた

雪はめずらしい地域

f:id:tatutat:20190602024133j:image

思惑ありげにタロウを見る江火野

f:id:tatutat:20190602024156j:image

映画は行かないともったいなかった

ご飯は前から約束してた

観覧車に乗ったことには必然性がない

だから

「やっとデートになった」

 

調子くるう…

f:id:tatutat:20190602024247j:image

タロウは困っている

こんなのはタロウの知ってる江火野芽衣ではない

 

あたしは変わったの

 

どうして…

という言葉を口をひき結んで抑え込む

f:id:tatutat:20190602025433j:image

そんな様子に江火野が気づく

 

どうして?って、聞かないの?

f:id:tatutat:20190602024431j:image

自分を省エネ男だと言い聞かせて

心が揺らがないよう感情を消して答える

 

あんたはちっとも"省エネ男"じゃないよ

 

タロウが急に変わったこと

片想い中の人応援し始めて

カップルいっぱい成立させて…

 

あんたが変わったからあたしも…

 

江火野が恋愛みたいなチャラチャラしたことがキライでなくなったのは

タロウが変わったから

省エネ男じゃなくなったタロウを意識するようになって

恋愛が自分に関係のあるものになったから

 

前にみんなで遊園地に行った時、タロウ1人で観覧車に乗ったよね

f:id:tatutat:20190602024512j:image

タロウにとって観覧車はイヴとの思い出

1人で乗ったんじゃない…

 

江火野はリリスと乗った観覧車のことを思い出す

 

江火野さんにとって、久留目ってどんな存在?

f:id:tatutat:20190602024536j:image

呼び起こされる記憶

あの時の指宿くんの質問の意味が今わかる

江火野はリリスを意識した

 

空気が澄んでいる日には富士山が手前の山の向こうに顔を出す

f:id:tatutat:20190602024840j:image

江火野が富士山を見ているとき

タロウは江火野を見た

見たことない顔だった

 

本当は気づいていた

彼女は確かにオレの知らない人になった

 

タロウ、あたしは、

 

江火野の言葉をさえぎってタロウは言った

「オレ、好きな女の子がいる」

 

その子が嫌がることしたくないんだ

だから、

もうこういう風には会わない

 

"その子"とタロウが思い浮かべたのはイヴ

それを聞いた江火野はリリスかと思う

タロウの心の深層にもリリスはいたかもしれない

 

タロウだけが観覧車から降りた

f:id:tatutat:20190602024943j:image

係りの人が察する

こういうことはたびたびあるのでしょうか

 

…ヤバい…

言ったら余計、江火野のことでいっぱいになる…

早く帰らないと

 

惹かれそうに、流されそうになる自分を押しとどめるため

これ以上江火野といることができなかった

f:id:tatutat:20190602025032j:image

1人になった江火野

目はうつろ

でも泣いてない

泣けなかった

このときの気持ちは後日語られます

 

 

f:id:tatutat:20190602030056j:image

f:id:tatutat:20190602025212j:image

ビナウォーク海老名駅をつなぐ連絡通路

 

 

13巻第123話 江火野芽衣はスキだらけ!

デートしよ!

f:id:tatutat:20190526042418j:image

普通の顔して言えたけど

勇気を出して言った言葉だった

 

家に置いてきたイヴのことが浮かぶ

…映画観るだけだよ…

 

f:id:tatutat:20190526042543j:image

江火野の笑顔は直視できなかったが、これは本能で凝視してしまう

ただの本能なので仕方がない

 

服は亜美に借りたもの

f:id:tatutat:20190526042607j:image

デートのためにわざわざ借りに行ったとタロウは知った

 

映画の続編は来年の今頃かも

来年もまた一緒に観に行きたいな…

f:id:tatutat:20190526042630j:image

一年後の約束をしたい

そのときも隣にいたいから

f:id:tatutat:20190526042648j:image

ドキドキしながらシミュレート

言いかけたとき、希空と都城に見つかった

え~~もしかして…お前らデートしてんの?

f:id:tatutat:20190526042719j:image

否定しない江火野

 

いいのかよタロウ?

指宿に言っちゃおっかな~~

希空があおる

ドキ‥とする江火野

f:id:tatutat:20190526042746j:image

まあ…そうだけど…

タロウの言い方にモヤっとする

 

f:id:tatutat:20190526042807j:image

映画とご飯…

約束したことは終わってしまったけど

もう別に…

予定はないけれど

まだ終わりにしたくない

 

最後にあれに乗って帰ろうよ!

観覧車を指して言う

 

イヴと2人で乗った観覧車のことを思い出す

f:id:tatutat:20190526042833j:image

それ以上のことをしたら本当に…

デートになってしまう

 

断るとかも変だったし結局乗ってしまう

 

向かいに座った江火野のパンツが見えそうで前を向けない

イヴのせいでパンツなんか日本一見慣れている男子高校生のはずなのに…

f:id:tatutat:20190526042853j:image

セクシーな服は着てきたけど観覧車でそれを使おうとは思ってなかった様子

素で恥ずかしがる

 

そして思いついた

このシチュエーションを利用する

f:id:tatutat:20190526042916j:image

タロウと同じ側に座り直す

「…これで見えない」

f:id:tatutat:20190615005845j:image

 

 

13巻第122話 ラストチャンス

前半は無声映画のようにセリフ無し

f:id:tatutat:20190520011442j:image

バレーボール部は12/28まで練習

f:id:tatutat:20190520011456j:image

練習後、たふねす三郎という焼肉屋で忘年会

すたみな太郎がおそらくモデル

 

17:36 江火野は先に帰る

家に帰ってシャワーを浴びて

f:id:tatutat:20190520011522j:image

胸をカップに入れ込む描写がなまめかしい

Mizuniのジャージに着替えて三角巾とエプロン着けてお店のお手伝い

そのために忘年会を早めに抜けた

 

f:id:tatutat:20190520011541j:image

お客さんに映画スペース・ウォーズ ラストガーディアンのペアチケットをもらった

思惑ありげにチケットを見つめる

それはタロウが行きたいと言っていた映画

 

タロウに手袋を渡した時にさりげなく交わした約束を思う

『じゃあー何かおいしいもの…』

f:id:tatutat:20190520011632j:image

いい口実を見つけた

笑みがこぼれる

 

f:id:tatutat:20190520011720j:image

不自然な体勢でダラけるタロウ

壁の裏側にはイヴがいる

できるだけ近くにいたいから

 

家族がみんな外出することに反応する

家にはタロウとイヴだけになる

f:id:tatutat:20190520011746j:image

外に出て行く様子に聞き耳を立てて

ナストの部屋に向かう

イヴのことが気になって仕方なかった

 

f:id:tatutat:20190520011811j:image

エビノZはもう消えてなくなりそう

思い出の品のスノードームの中に入っていってる

 

…お前、姿が見えなくなるまで傍にいてやるのか?

f:id:tatutat:20190520011829j:image

ギク‥とすることを言う

f:id:tatutat:20190520011843j:image

だって一姫ちゃんがずっといるから、あんまりお話できないでしょ?

 

f:id:tatutat:20190520011857j:image

TVを見ながら1人で夕飯

かわいい大集合

子猫スペシャル!

 

江火野から電話がかかってきた

 

翌朝

f:id:tatutat:20190520011916j:image

江火野に会いに1人で出かけようとする

母には友達に会いにと言う

言えないということは意識してる?

 

不安になりイヴも連れて行こうと部屋に戻ろうとする

何が不安?

イヴを1人にすること?

江火野と2人になったときに自分を制御できる自信がないのか

そのときイヴに歯止めになって欲しいのか

 

一姫に行く手をはばまれた

f:id:tatutat:20190520011944j:image

ささいな行動で気づかれる

イヴを連れてくことはあきらめた

 

駅を出たところで待っていると江火野が来た

f:id:tatutat:20190520012239j:image

心を揺さぶられそうで直視できない

それはいままで指宿くんにしてた反応

惹かれてはいけないものだから

f:id:tatutat:20190520012326j:image

頬も赤らむ

 

f:id:tatutat:20190520012027j:image

タロウはてきとーに約束してたことだった

江火野は電話で映画に行くとは言わなかった

f:id:tatutat:20190520012048j:image

スペース・ウォーズはタロウが行きたいと言っていた

江火野はそれを憶えていた

サプライズにしたかった?

 

江火野は言った

「デートしよ!」

 

 

f:id:tatutat:20190520023235j:image

海老名駅小田急線中央改札口

海老名駅 | 改札画像.net

 

f:id:tatutat:20190520023250j:image

海老名駅前のビナウォークがモデル

 

 

13巻第121話 夏の願い、冬の誓い

モリーアルバムを用意した朱々子の思惑

本当は10年前の写真を見て思い出してもらえてたらと考えてたけど、もう そんなぬるいことしてられません‼︎

 

そして一姫の部屋で目についたあのカードを挟んだ

 

リリスさまが"女の子"である決定的な証を見てください‼︎

f:id:tatutat:20190519024708j:image

指宿くんは見られたらマズイと思っている

 

一姫はそのカードを白紙にすり替えた

f:id:tatutat:20190519024801j:image

一姫がそうした真意を知りたい

f:id:tatutat:20190519024746j:image

朱々子戦意喪失

指宿くん何かを思う

 

一姫には何かがひっかかっていた

ナストの部屋で

『泣くな…タロウが悲しむ…』と言った指宿くん

『イヴ、お前 まだそこにいるのか?』と言ったタロウ

幼少のタロウは忙しなく、おばけが見えると奇行があったこと

 

謎がわからないまま事実を暴くと、何か取り返しのつかない事態になりそうな気がする…

 

2人が結ばれるためにはイヴについてをお互いが納得して解決する必要がある

無視して進めると禍根が残る

このことを一姫は直感したのでしょうか

 

f:id:tatutat:20190519024911j:image

イヴはタロウと指宿くんに、一姫がナストの部屋に来たことを話した

 

一姫はイヴへの話し声を聞いていたかもしれない

お前たち、一姫さんがいる間はなるべくコンタクトを控えろ

あの人の勘はただならないからな

f:id:tatutat:20190519024924j:image

と言ってるとこに一姫が入ってきてワタワタするイヴと一同

 

時計は9:35を指している

 

一姫の策略でタロウは指宿くんを送っていくことになった

イヴはエビノZが消えちゃうなら見届けたいと家に残る

タロウと指宿くんは2人きり

 

f:id:tatutat:20190519024942j:image

ポケットに入れてあった江火野からもらった手袋

指宿くんに見られたくない

奥へグイッ…と押し込む

 

タロウはイヴがなんであんなにエビノZのことを気にしてると思うのか指宿くんに聞く

f:id:tatutat:20190519025006j:image

指宿くんはイヴが昇華に惹かれてると言う

それは思い出になりたがっているということか

タロウが指宿くんへの想いにけじめをつけて過去のことにしたがっているということになる

だから11巻第105話で席田の絵に惹かれているイヴを見たときも『なんだか嫌だな…』と思った

そうさせうるのは江火野の存在

指宿くんはそう感じてる

 

ポケットから手袋が落ちた

指宿くんに見られた

f:id:tatutat:20190519025037j:image

手袋を持ってるのにはめない

うつろな表情で返事をする

これだけで

『江火野さんにもらったのか?』

という発想になる

女の勘こわい

 

タロウと江火野が買い出しに行ってるときのイヴの様子を話そうとする

 

タロウがあせった表情で先回りして聞く

f:id:tatutat:20190519025120j:image

いろいろ察した指宿くんの表情

f:id:tatutat:20190519025133j:image

質問に答えてない

それは何度も見たということ

つまり何度も江火野に惹かれたことがあった

うかつに答えると見抜かれる

女こわい

 

実際イヴが眠っているとこをタロウが見たのは、勉強会の夜の1度だけ

だけど花火のことをよく憶えていなかったこと

江火野と演じたロミオとジュリエットを見ていなかったこと

眠っていたとするなら辻褄が合う

プールのときと林間学校でも眠っていただろうと思い当たる

何度も見てはいないのに1度だけとは答えられなかった

 

イヴが目を見開いて、大きな涙をこぼして、満ち足りた失恋ゾンビに慰めを求めていたこと

 

イヴはそのことをタロウに言わないだろう

嘘をつくキョウコを嫌がったイヴが、これからタロウに嘘を増やしていくのだろうか…

指宿くんもイヴがタロウに隠し事や嘘ををつくようになっていると思ってる

f:id:tatutat:20190519025213j:image

頼みとは、龍姫祭りでタロウが

『もう少しだけ、オレの傍にいてくれ…』

と言ったこと

サブタイトルの『夏の願い』

指宿くんはそれだけ言ってタロウに背を向けて走り去った

 

タロウも思い当たった

指宿くんにとって大事な約束

だからこの場面で出てくる

拠り所にしていたその約束を捨てなければいけないところまで指宿くんは追い込まれている

 

帰宅したタロウ

リビングには一姫だけ

テーブルに置かれていた朱々子からのメモリーアルバムを手に取って自室に向かう

一姫から見て、まるでフラれたみたいな顔をしている

江火野に惹かれている証拠をイヴが眠っている姿として指宿くんに見られている

そしてもうこれ以上傍にいられないかもしれないと言われた

 

イヴは壁を隔てた隣にいる

壁がキラキラ光っている

傍にいて欲しい気持ちは本当

f:id:tatutat:20190519025331j:image

なのに…

手袋がクローズアップされる

江火野に惹かれてイヴを眠らせてしまう自分がいる

 

朱々子のメモリーアルバムがクローズアップされる

 

思い出さない

オレはこれからも、何も知らなくていい

 

今後心が揺らがないよう無表情で誓う

サブタイトルの『冬の誓い』

それでいいんだろ?指宿くん

つまり指宿くんが女の子であることはもう確信している

その上で男同士であることにしようと

それでいいんだろ?

イヴのためにを理由にして

指宿くんがどうしたいかは考えないことにした

フラれたように落ち込んだ気持ちが、こう思わせたのかもしれません

f:id:tatutat:20190519025403j:image

ベッドに置かれたプレゼントに気づく

見ただけで指宿くんからだと思う

江火野の手袋に対して、指宿くんは靴下

人から見える手袋に対して、隠れる靴下

f:id:tatutat:20190519025553j:image

それが置かれた光景が浮かぶ

サンタコス姿で(実際は黒スーツで置いた)

やはりインパクトが強いほうで思い浮かべる

置いたところは見ていない

男を装う象徴の黒スーツより女疑惑の象徴サンタコスで思う

 

f:id:tatutat:20190519025624j:image

言ったそばから心が激しく揺さぶられる

プレゼントを抱きかかえずにいられない

 

 

121話時点で折り返しは過ぎている

167話で終わりになります

13巻第120話 零れ落ちる…

「…イヴ、どうして泣いている」

 

恋を昇華しようとしているエビノZに接触しているせいか…?

それとも 今、タロウと江火野さんの間に何か起こった…

…いや、何か起こっているならイヴは"眠る"だろうから…

 

イヴは眠るではなく泣いていた

いままでは江火野に惹かれると眠っていた

いままでと違うのは、イヴが眠っているところをタロウが目撃したということ

イヴを眠らせるわけにはいかない

江火野に惹かれてはいけない

と深層で思っていることが

眠るではなく涙になった理由でしょうか

 

だって、悲しくて

でも、エビノZちゃんといると、慰められる…

 

江火野に魅せられて、つられてタロウが笑ったとき、イヴは悲しくなっていた

昇華しつつあるエビノZに慰められる

タロウに恋心があっても浄化できない、初恋の相手は男だから

指宿くんが女であってもイヴには隠される

イヴが浄化することにつながるから

浄化できないし浄化を望まれない

違う人に惹かれたとき、眠ることさえも望まれない

イヴが惹かれる安寧の地は思い出として昇華されること?

f:id:tatutat:20190513024232j:image

…な、泣くな‼︎

f:id:tatutat:20190513024300j:image

イヴは口をキュッと引き結んで

f:id:tatutat:20190513024350j:image

つくり笑いで答えた

 

涙…

"初恋の終わり"に慰められる…

つくり…笑い…

指宿くんはキョウコのことを思い出した

 

部屋を出ると一姫がいた

今の…聞かれてない…よな?

 

一姫からタロウと江火野が今2人で買い出しに行ってることを聞いた

…ああ、それで…

イヴの涙の原因とつながった

 

…"イヴ"って、自分のことよね?

f:id:tatutat:20190513024444j:image

一姫は聞いていた

 

f:id:tatutat:20190513024624j:image

タロウも同じナストの部屋に向かって"イヴ"と呼ぶのを聞いた

直後に指宿くんがタロウを呼びに来た

"イヴ"は指宿くんのことではない

 

2人がイヴと呼びかけたナストの部屋を確かめる

f:id:tatutat:20190513024606j:image

一姫には何も見えない

 

指宿くんが作ったケーキは

今度は薄味にならずにおいしくできた様子

指宿くんにはまた、味がしなかった

味わえる精神状態ではない

 

時計は8:52を指している

f:id:tatutat:20190513024647j:image

柑奈ちゃんは眠くなってうとうとと寝そうになっている

今回柑奈ちゃんはある伏線を持って誕生日会に参加していました

9巻第80話選挙お疲れ会で、指宿くんとお風呂に入った時に見たこと

指宿くんにはおち○ちんがなかった

使うとしたらこのイベント中しか機会はなかったでしょう

けど、話の流れ的にこのネタは使いどころがなかったようです

柑奈ちゃんのかわいい寝顔は

使えなかった伏線に対してごめんねと言っているように私は感じました

 

カンナちゃんは5歳

タロウと指宿くんが英語教室に行ってた時と同じ歳

こんな小さい時のこと、いろいろ憶えてないわなと言うタロウ

1歳年下の朱々子はいろいろ憶えてると言う

朱々子は幼い頃の記憶が鮮明な子

一般論でそんな小さな頃の記憶がはっきりしてるのかという疑問に対する説明を入れてるのかと思います

 

幼いタロウのことを話す朱々子

今と違って、積極的で活発な男の子でした

母が答える

とにかく忙しなかった

おばけが見えるって騒いで、大声上げたり、変な所をじーっと見たりで

f:id:tatutat:20190513024840j:image

一姫の中で話がつながっていく

 

時計は9:21を指している

江火野と弟妹が帰る

 

「また来年…かな?」

今年はもう会わないかな

年内に江火野はまたタロウに会うことになる

この場面にタロウは描かれていない

f:id:tatutat:20190513024905j:image

笑顔はおそらくナストに向けたもの

 

朱々子からのプレゼント

10年前の英語教室での写真をメモリーアルバムにしたもの

あとで見るというタロウに、今すぐ見るよう自分でリボンをほどく

アルバムには一姫の机の上から拝借した幼いリリスのあの手紙が挟んであった

f:id:tatutat:20190513024937j:image

そのことに一姫も気づく

朱々子の決心を見てとる

 

記憶の中にいるあの頃の初恋の女の子の写真

f:id:tatutat:20190513024952j:image

一姫の言葉にドキ‥とするタロウと指宿くん

 

f:id:tatutat:20190513025026j:image

黒歴史だと取り上げようとする指宿くんを必死で止める朱々子

タロウに思い出してもらうため

 

タロウは挟んであったあのカードを手に取った

 

 

13巻第119話 Twinkle Night

ナストが初恋にけじめをつけた

エビノZもアマクサZ2の時のように昇華するのだろうか…

 

前回←→今回

f:id:tatutat:20190512033902j:image

スノードームに入っていくエビノZ

だんだん薄く透けていく

足も描き直されている

 

ワタシ、ちょっとエビノZちゃんの様子見てるね

イヴは下に降りようとするタロウと指宿くんと別行動でスノードームに入りつつあるエビノZと一緒にいようとする

 

「イヴ、キャンパスに消えたアマクサZ2の時と同じように気にしているな…」

やっぱり指宿くんもそう思ったか…

なんでイヴはあんなに執着するんだろう…

 

「…トくんの告白安心した?」

指宿くんかボソとつぶやく

f:id:tatutat:20190512033946j:image

こっちのほうが聞きたいこと

だけど聞き直せない

執着してるとまでは思われたくなくてごまかした

 

プレゼントをまだタロウに渡してないことを思い出した江火野

ナストのことですっかり忘れてた

 

渡す時間を作ってあげようかと協力を提案する一姫

f:id:tatutat:20190512034031j:image

恥ずかしくて顔が赤くなって一姫のほうも見れない

素直にうなずく

タロウに2人きりでプレゼントを渡したい

一姫にバレてもかまわない

ごまかしたりしない

 

f:id:tatutat:20190512034055j:image

ナストはお菓子でよろこぶような子供とは思われたくないお年頃(小5)

 

f:id:tatutat:20190512034136j:image

一姫はテキパキと一同を動かし

タロウと江火野を2人で買い出しに行かせた

f:id:tatutat:20190512034124j:image

意図を察する

タロウはイヴを放っときたくない

特に今は、江火野と2人は…

 

ナストの告白のことを悪かったなとあやまるタロウ

f:id:tatutat:20190512034202j:image

江火野は勇気をもらった気がしたと

タロウの方を見ないで言う

f:id:tatutat:20190512034243j:image

気まずい表情

江火野の自分への好意のことだと感じてる

 

江火野は振り向いてプレゼントを手渡した

はいこれ

誕生日おめでとう

 

キーホルダーと手袋じゃ釣り合わないというタロウに

じゃあ~~…今度何かおいしいもの!

と次のデートの約束をちゃっかり取り付ける江火野

こういうところも成長の証か

f:id:tatutat:20190512034407j:image

プレゼントが素直にうれしいタロウ

 

あれ?今日は呼び方違うでしょ?

女の顔

f:id:tatutat:20190512034531j:image

その表情を目を見開いて見つめてしまう

 

一度は断ろうとする

f:id:tatutat:20190512034557j:image

そして「芽衣」と呼んだ

 

うひゃ~~

やっぱ恥ずかしっ!

f:id:tatutat:20190512034615j:image

振り向いた江火野の笑顔

女の顔した知らない江火野が

振り向いたらいつもの知ってる江火野だった

目が離せなくて

ほっとして

つられて笑ってしまう

このところ難しい顔をしていることが多かったタロウの心もほころんだ

 

タロウの部屋で黒スーツに着替えた指宿くん

ベッドに押し倒され口をふさがれたことを思い出して顔から火が出るように赤くなる

f:id:tatutat:20190512034816j:image

そしてタロウのベッドにひざをついて上がって

ス…と降りる謎行動

のちの話で回想されますが、このとき指宿くんは枕元にプレゼントを置きました

壁がキラキラしている

イヴはまだ隣の部屋にいるのかな…

 

イヴはエビノZに顔をうずめて寄り添っていた

眠ってるのかと思って心が痛む指宿くん

f:id:tatutat:20190512034853j:image

泣いていた

眠ってるのではなく

江火野に惹かれてタロウが笑顔になっていたとき

イヴは泣いていた

 

一姫と指宿くんで攻防戦があったあのカード(本物ぽい)が朱々子の手に

f:id:tatutat:20190512034923j:image

もう、憎まれても嫌われてもいい…

凛々姉さまは、私が幸せにしてみせる…!

一姫に焚きつけられた朱々子

もう待ってるだけではいられない