深読み!初恋ゾンビ

初恋ゾンビのキーとなりうる場面をひたすらピックアップします。初恋ゾンビは週刊少年サンデー連載の峰浪りょう先生によるラブコメです。毎回1つは新しい発見をお届けできればと思ってます。

15巻第141話 八女リリスちゃんの奮闘

ストリートビューあり■

f:id:tatutat:20190728200954j:image

父は大の男嫌い

嫌いなのかは知らない

男には極度に人見知りが発生する

会話をする気力が0になる

小5の息子も例外じゃない

特にイケメンはご法度

 

f:id:tatutat:20190728200947j:image

母はお酒飲める

f:id:tatutat:20190728201015j:image

父はお酒超弱い

タロウに遺伝している

 

f:id:tatutat:20190728201029j:image

指宿くんは注意してないと眉間にしわが寄る

f:id:tatutat:20190728201044j:image

笑顔の練習をしているところをタロウとイヴに見られた

イヴは指宿くんが女の子だと知らない

昨日の振袖に引き続き今日も女装だとドン引き

 

曽祖父-祖父-父-タロウ

タロウの髪の将来は確実

f:id:tatutat:20190728201105j:image

言葉はいらない

アイコンタクトで伝わるイヴと指宿くん

 

f:id:tatutat:20190728201120j:image

気を抜くとキリ‥としてしまう

父はキョトン‥としている

f:id:tatutat:20190728201131j:image

父から情報を引き出すため

今日はこのノリで

f:id:tatutat:20190728201144j:image

怪訝に思うタロウ

羞恥に耐える指宿くん

 

量子力学に興味があると父にすり寄る

二重スリット実験の説明を指宿くんにする父

擬音はペチャペチャ

 

タロウは思う

指宿くん、親父に"初恋ゾンビ"について、何か聞き出そうとしているんじゃ…

だとしたらなんでオレに黙って…

オレと…イヴに知られたくない話がある…?

 

……考えすぎか…?

指宿くんの様子をチラ見する

f:id:tatutat:20190728201204j:image

指宿くんの髪に触れて、木枯らしで巻き上がった枯れ葉を取る父

 

…イヴ、先に家に戻っててくれるか?

ちょっと気になることがある…

f:id:tatutat:20190728201219j:image

真意を測りかねつつ、先に帰るイヴ

タロウは怒ってるように見えた

 

公園で引き続き二重スリット実験の続きを話す

電子は見られていると粒だけど

見られていないと波になる…

 

このあたりの話は初恋ゾンビに通ずるところがあるのかもしれません

 

けどアインシュタインは反論している

神はサイコロを振らない」とね

ペチャペチャペチャペチャ

f:id:tatutat:20190728201245j:image

難しい話をしてる背後にコソ‥と潜むタロウ

 

…ところでリリスちゃん

話を切る父

僕に今見えている正直なことを伝えるね

f:id:tatutat:20190728201304j:image

やっぱり見えているのかと思う2人

 

父は指宿くんを口説き出し、手を取って包み込むようにギュっとした

f:id:tatutat:20190728201334j:image

思わず飛び出すタロウ

「何 人の同級生勝手に口説いてんだよ!」

オレにことわり無しに口説くなと?

 

父は潜むタロウに気づいてあぶり出すためにわざとやったのか

 

指宿くんの嘘の笑顔でもグラつくタロウ

f:id:tatutat:20190728201357j:image

「気になってついてきたんだろ

好きな女の子が親父に取られるかもって」

固まるタロウと指宿くん

 

「だって、お前にくっついてる女の子と瓜二つじゃないか」

やっぱり見えている?

 

 

旭ヶ丘1号公園

f:id:tatutat:20190728203624j:image

Google マップ

f:id:tatutat:20190728195644j:image

Google マップ

背景の家は今はマンションに建て替わっています

 

 

15巻第140話 元日と曇天

ストリートビューあり■

f:id:tatutat:20190728031226j:image

タロウとイヴは家族が起き出す前に2人で初詣に出かけた

雪が降りそうに曇っている

イヴは今日も自分で服を選んだのでしょうか

 

f:id:tatutat:20190728031240j:image

江火野のアイコンはバレーボールに6

6は江火野の背番号

(1話の人吉のエビノZと3巻巻末おまけより)

メッセージは7:10

二年参りして夜語り合ってその翌日

あんまり寝てなさそう

タロウが出かけたのは7時前か

 

タロウは朝弱いのに早起きしてイヴと2人で初詣に

f:id:tatutat:20190728031425j:image

恋人ができると意外にまめに気ぃ遣うタイプ

 

f:id:tatutat:20190728031458j:image

八女家で借りれる防寒具

指宿くんは一姫と話すためについて来た

 

f:id:tatutat:20190728203955j:image

リリスはタロウのことが好きなんじゃないかと思ってた江火野

タロウの妄想を見せつけられてて好きになるわけないと結論づけた

イヴのことは必ず解決する

『タロウを好きでいてあげて』

リリスのその言葉を信じて待つことにした

確かに江火野には何もできないだろうけど

恋敵と思ってた友達に全部やらせて

待ってるだけ?

 

指宿くんには雪が降りそうな曇り空に見える

f:id:tatutat:20190728031510j:image

一姫には晴れた空に見える

 

f:id:tatutat:20190728031621j:image

指宿くんから見た江火野は、初恋ゾンビのイヴのことを知ってかなりショックを受けていた

今も受け入れてきれてないと思う

 

イヴは自分がモデルとは思えない

あまりに違う姿をしている

f:id:tatutat:20190728031654j:image

無邪気であどけなくて、タロウが好きだった10年前のあの頃のまま

f:id:tatutat:20190728031608j:image

アンジャッシュのようなすれ違いネタ

一姫はタロウがロリじゃない、ちゃんとおっぱいすきだったことに安堵した

 

f:id:tatutat:20190728031738j:image

指宿くんはタロウが自分に恋なんてできるわけないと思っている

ボクも、そうです

ボクも…

f:id:tatutat:20190728031757j:image

一旦は「答える義務はありません」と返す

イヴのことでタロウをディスってさらに煽る一姫

 

大っ嫌いですよ‼︎!

f:id:tatutat:20190728031807j:image

反対の意味にしか見えない

大嫌い…

 

一姫が初恋ゾンビの存在を確信するに至った経緯を聞く

初恋成就以外のイヴの浄化方法を探していると打ち明ける

 

父が見えているかはまだわかんない

"初恋ゾンビ"のことを悪魔と言ってた

『悪魔退治をしないと』とも

f:id:tatutat:20190728032231j:image

指宿くんはイヴを"退治"とかすることは望んでいない

 

『退治』が、浄化なのか、昇華なのか、あるいはもっと別のものなのか…

これ以上は本人(父)に聞いてみるしかないと思う

昇華のことを一姫が知った描写はありませんが、『………ん?』の後に『"初恋ゾンビ"がどういう存在なのか大体わかった』と言っているので、この間に指宿くんからいろいろ聞いたと思われます

 

父は明日、日本を発つ

会うなら今日しかない

指宿くんはタロウに内緒で父に会わせてもらえるよう一姫に頼んだ

 

父に会うには準備が必要だった

f:id:tatutat:20190728032305j:image

大の男嫌いだから

 

 

※曇り空について

早朝

①タロウとイヴには曇り空に見える

少し後の時間

②指宿くんには曇り空に見える

③一姫には晴天に見える

①②③より

タロウ、イヴ、指宿くんには曇り空に見えて、一姫には晴天に見える

つまり曇り空は初恋ゾンビに関係するもの

上記はタロウの家の前で見た空のこと

①と②③の時間には少し開きがある

通りすがりではないタロウの家の周囲にずっといる者のもの

ナストの初恋ゾンビはエビノZなので除外

大きさについては過去に教室いっぱいの茨に包まれたアマクサZがいました

教室いっぱいが可能なら空いっぱいも不可能ではないのでは?

よって

父親の初恋ゾンビに関係するものが曇り空として見えていると推測できます

 

 

引地川沿いの千本桜

f:id:tatutat:20190731073221j:image

f:id:tatutat:20190812023557j:image

このあたりだと思います

Google マップ

 

 

15巻第139話 影

リリスは江火野にお別れの日のことを話す

キスをお願いしたこと

タロウがくれたのは気絶するほどの強烈な頭突きだったこと

f:id:tatutat:20190721235926j:image

タロウはもしかしたら怒ってたのかなと思ってた

その時まで引っ越すことを内緒にしてたから…

f:id:tatutat:20190721235951j:image

江火野はリリスに添えていた手を下ろして話す

タロウにとってもリリスは、初恋…だったから

これを言うには少し距離が必要だったのでしょうか

 

江火野に"イヴ"のことを聞かれて答える

…一言で言うなら、女の子のボク

明るい声、無邪気な笑顔…

屈折することなく"女の子"として育っていたなら

自分はあんな姿になれたんじゃないか…

f:id:tatutat:20190722000045j:image

ボクとそっくりで、全然違う女の子

 

それを聞いて江火野は思い返す

…あたしの、

この1年のたくさんのタロウとの思い出…

2人だけしか知らない大切な時間…

全部…全部…"イヴ"がいた…

 

江火野が思い出したのは

・誕生日プレゼントをもらったとき

・タロウ母から『2人おつき合いするとか?』と言われたとき

・タロウの初恋が指宿くんだったと聞いたとき

・お化け屋敷で手を取ってくれようとしたとき

・花火

・誕生日会で芽衣と呼ばれたとき

 

・選挙ポスター貼りで『あたしのため?』と聞いたとき

ロミオとジュリエット

・プール

・林間学校

・誕生日プレゼントを渡したとき

・年末の観覧車

(選挙ポスターより下の項目はその場にイヴはいませんでした)

f:id:tatutat:20190722000150j:image

タロウとの大事な思い出の裏にイヴの影があった

 

f:id:tatutat:20190722000128j:image

そんな江火野を様子を見て

…ごめん

と言わずにいられない

 

見えなくする方法を2人で探そうって言ってくれて、ボクもそれに乗った

2人でヒントを探すためにいろんな初恋ゾンビ接触した

f:id:tatutat:20190722000236j:image

カップルを作ったり、おかしな行動してたのって…

江火野は合点がいった

 

見えなくなる方法を探していたのに…

タロウはどうして"イヴ"を好きになってしまったのか

 

イヴは創造者のタロウに見られ、会話をして、"成長"をした

f:id:tatutat:20190722000304j:image

今のイヴは、立派な心を持つ1人の女の子だとワタシも思ってる

だからタロウがイヴに恋をしたのも、しょうがないと思ってる

f:id:tatutat:20190722000336j:image

あたしは、タロウのことが好き

江火野の口から初めてはっきりと言った

リリスが"初恋だった"と過去形で言ったことに対して、今現在好きだと

f:id:tatutat:20190722000347j:image

タロウは本当はリリスのことが好きなんじゃないかって思ってた

そっちだったら良かったって思ってる‼︎

 

自分の妄想と恋してるなんて…

しかもそれをリリスは受け入れてるの⁉︎

f:id:tatutat:20190722000414j:image

やっぱりそれもダメ…

それだと、リリスが世界一かわいそうな女の子のままになっちゃう…

f:id:tatutat:20190722000452j:image

ありがとう…芽衣

 

"イヴ"のことはこのままにしておくつもりはないよ

今、周りの人に騒がれたら、タロウはたぶんイヴのために誰も知らないところへ行くと思う

"2人"で生きるために

 

必ず解決する

大丈夫、だから…

f:id:tatutat:20190722000519j:image

ハイライトの消えた目で

自分の心を殺して

江火野に伝える

 

江火野はリリスと指を絡ませて言った

リリスを信じる

タロウを助けてあげて

 

2人同じベッドで眠りにつこうとする

江火野が思い返して言う

そんなの見えててタロウのことまた好きになれるわけがないよね

あたしもそれが見えてたらま~~~無理だな

てかありえない

これはそういうことにしたかった江火野の意識もあるのでは

f:id:tatutat:20190722001241j:image

アハハハハそうそう~~

リリスは笑って同意した

また本音を隠してごまかした

 

f:id:tatutat:20190722000600j:image

江火野にありえないと言われた

一姫にも、それが見えてて仲良くしてる指宿くんは変態なの⁉︎うわヤッベと思われてる

 

 

シリアス展開にコメディのオチをつけるために足された2ページ

サンデー掲載時は「鍛えられた変態ですから‼︎」と煽り文が添えられた

この言葉は次回に登場する一姫の指宿くん評

「この子、鍛えられた変態だ…」

を踏まえたもの

15巻第138話 告白

第1話ではピッチャー側のことは描かれていなかった

f:id:tatutat:20190721033546j:image

投げたのは浮羽さん

元ソフト部

f:id:tatutat:20190721033921j:image

オーバースロー

f:id:tatutat:20190721032740j:image

第1話より

ボールの大きさはソフトボールに見える

 

江火野の打球が当たったせいで、タロウにそんなもの(初恋ゾンビ)が見えている

 

青ざめる指宿くんと一姫

江火野さん…全部聞かれた…

 

前にタロウが誰もいないところで"イヴ"って呼びかけてるのを江火野は見たことがあった…

 

初恋ゾンビのイヴは、事情を知らない人が聞けば追い払わないといけない取り憑いているもの

f:id:tatutat:20190721032830j:image

ビクつく指宿くん

 

お詣りに行こうかと江火野に言う一姫

f:id:tatutat:20190721032955j:image

江火野は一瞬考える

指宿くんにいろいろ聞かないといけない

指宿くんたちと一緒に帰ることにした

 

f:id:tatutat:20190721033009j:image

一姫、痛恨のミス

こっちのほうが

 

車はBMWっぽい

f:id:tatutat:20190721033025j:image

母菜々乃は運転できる

 

江火野さんは、ワタシ(女の子であるリリスとして)のたった1人の友達だから

f:id:tatutat:20190721033041j:image

江火野は複雑な表情

 

母は家まで送ると言っていたが泊めてもらうことになった

f:id:tatutat:20190721033108j:image

話が聞きたくて、家までついてきたことをリリスはわかってる

 

今のままでタロウに会わせるわけにいかない

ワタシが、きちんと話をしないと…

でもワタシも動揺している…

 

f:id:tatutat:20190721033130j:image

ドルンッ

 

f:id:tatutat:20190721033149j:image

高級ソファに座りバスローブとネグリジェでたこ焼きを食べる

この家に似合わないなー

声に出して言う江火野

 

指宿くんと江火野が1つのベッドで寝る

…ワタシとタロウが見てる"初恋ゾンビ"が何か、今から話すね

 

江火野は指宿くんが男装している理由を察した

f:id:tatutat:20190721033215j:image

「うん」

指宿くんは肯定した

 

ワタシ、ずっと江火野さんに感謝してた

 

タロウが見えてないままだったら、ワタシはもう絶望するしかなかった

江火野さんのボールが当たってくれて良かったと思ってる

f:id:tatutat:20190721033239j:image

女の子の自分が男の妄想である初恋ゾンビを見てきたこと

つらかった思いをわかってもらえた指宿くん

f:id:tatutat:20190721033251j:image

抱きしめてなぐさめながら江火野は思う

こうしてあげるのは、あたしの役目じゃないんじゃない…?

 

f:id:tatutat:20190721033309j:image

タロウは、ワタシの初恋だった

指宿くんは江火野がタロウのことを好きだと確信しているが、言葉ではっきりとは聞いていない

どういう思いで言ったのでしょうか

"だった"と過去形で言っている

 

10巻第89話文化祭の劇の後

自分が女の子だということをタロウに伝えないの?と江火野に聞かれた指宿くん

『どうして?久留目に何か関係ある?』

と答えた

"タロウは、ワタシの初恋だった"なら関係あったのでは?

江火野はどう感じたのでしょうか

 

 

14巻第137話 アニバーサリー

f:id:tatutat:20190715024147j:image

イヴはいつのまにか指宿くんが着てるふわふわのケープをまとっていた

同時にビクーンッとするタロウと指宿くん

f:id:tatutat:20190715024203j:image

前回まで←→今回

 

f:id:tatutat:20190715024242j:image

一姫はタロウと指宿くんが同時に何かに反応したのを見逃さなかった

やっぱり指宿くんにも"あれ"が見えてる…

かわいそうすぎる…

 

指宿くんたちは帰る

着物の汚れを取るために車に戻るとタロウたちを初詣の列に並ばせといて

一姫は指宿くんたちを追いかける

 

一姫を振り返るときに

指宿くんはタロウを見た

f:id:tatutat:20190715024324j:image

何かを考えているようだった

 

タロウが考えていたこと

かわいいって思うのはしょうがないよな

だってオレの好きなイヴと同じ姿をしているんだから…

 

f:id:tatutat:20190715024356j:image

江火野も物思いをしている

タロウが指宿くんをかわいいと言ったこと

やっぱりタロウの好きな女の子って…

 

江火野は一姫の車のキーを持っていることを思い出した

一姫は車に戻ると言っていた

車のある駐車場に先回りすることにした

 

f:id:tatutat:20190715024822j:image

一姫から見て、今の指宿くんはとても男には見えない

 

f:id:tatutat:20190715024758j:image

一姫と指宿くんの2人が来るのを見て隠れてしまう江火野

 

あなたも見えてるのよね?

タロウの傍にいる"あの子"のこと

f:id:tatutat:20190715024956j:image

あなた"も"という言葉で指宿くんは一姫も見えていると思った

そのことをタロウに話したのかを聞く

"初恋ゾンビ"が見えているということ

f:id:tatutat:20190715025009j:image

一姫には見えていない

 

…やっぱり、本当に"いる"のね…

f:id:tatutat:20190715025031j:image

一姫はほぼ正解に近づいた

 

……その、通りです

タロウの傍には彼の初恋の少女…

彼が望む姿をしたワタシ…

"イヴ"がいます

 

そしてタロウは、その子に恋をしている

 

見えなくなっていたタロウがまた見えるようになったのは、頭を再び打ったことが原因

f:id:tatutat:20190715025108j:image

それを聞いて隠れていた江火野が出てきた

f:id:tatutat:20190715025122j:image

 

 

14巻第136話 108

f:id:tatutat:20190714031446j:image

近づくタロウに気づいた江火野は思わず指宿くんの手を取って露店の陰へ

……クラスの子たちと来ててと説明する

 

ありがとう江火野さん

f:id:tatutat:20190714031502j:image

タロウの名前は出さなかった

心がズキ‥と痛む

 

f:id:tatutat:20190714031522j:image

『タロウに好きな女の子がいる』と朱々子が聞いたとき、すぐに浮かんだのは江火野姉さまのこと…

 

f:id:tatutat:20190714031536j:image

ぶつかってお互いに気づくタロウと指宿くんの母

f:id:tatutat:20190714031551j:image

さらに気づく

 

一姫の着物はナイロン製

汚れても洗えば落とせる

f:id:tatutat:20190714032832j:image

そして全員が鉢合わせた

 

f:id:tatutat:20190714031629j:image

プライベートの女装を見るのは初めての龍と天草

 

f:id:tatutat:20190714031649j:image

朱々子の中でタロウはフラフラした王子扱い

 

母が自分の趣味で女装させてるとフォローを入れる

一同わっはっはっは…と収めようとする空気を

f:id:tatutat:20190714031726j:image

ぶち壊す龍

 

f:id:tatutat:20190714031755j:image

夏休みの龍姫祭りで着替えてるところを見たけど、指宿くんは"男"だったとフォローを入れるタロウ

 

f:id:tatutat:20190714031927j:image

胸あたりをちょっと見たくらいならそう思ってもおかしくないと考える事情を知ってる4人

 

f:id:tatutat:20190714031957j:image

タロウが嘘をついたのは"タロウもワタシが女だと知っていて守るため"

それに江火野さんが気づいたら、タロウが好きな女の子はワタシだと思うかもしれない

マズいマズいよー

指宿くんだけが焦ってる

 

f:id:tatutat:20190714032138j:image

チ○コついてんのか…

じー‥と観察する龍

 

可愛い

やりたくなっちゃう

f:id:tatutat:20190714032158j:image

ピク‥と反応する指宿くん

ド赤面して前を向けない

その様子にタロウはドギクゥとする

f:id:tatutat:20190714032303j:image

タロウにかわいい…って言われただけでこの状態

もう全部諦めて、イヴの昇華や、江火野さんとの仲を取り持とうと決めたワタシ

 

おしよせるよろこびビッグウェーブ

 

名言を残すリリスエンジェルス

 

目を背けて平静になろうとするタロウ

不思議なものを見るような表情のイヴ

f:id:tatutat:20190714032404j:image

かわいい指宿くんを意識するタロウを見て

これ以上一緒にいさせたくないと、もっともらしいことを言ってしまう江火野

そんな自分が嫌だと思いつつ

 

…まずい、自分が情けなすぎて…

f:id:tatutat:20190714032446j:image

涙ぐんでるところをみんなに見られた

 

タロウ、江火野、朱々子、指宿くん

それぞれに焦りと思惑が…

龍と天草がここだけの秘密だと収拾つけようとする

 

そして年が明けた

 

 

サブタイトル『108』

除夜の鐘を撞く回数

108は人間の煩悩の数と言われている

モデルと思われる神社では除夜の鐘は撞いていない

近くのお寺で撞いている

除夜の鐘は神社ではなく寺院の行事

f:id:tatutat:20190714015527j:image

神奈川県足柄上郡にある最明寺

近くにはない

 

 

期末テストが終わってからを年末とすると第109話〜第136話の計28話、半年以上を年を越すまでに費やしました

14巻第135話 袖振り合うも…

ストリートビューあり■

f:id:tatutat:20190713014312j:image

江火野の来訪に昇華したエビノZのスノードームはキラキラ輝いた

 

f:id:tatutat:20190713014324j:image

見かけるやいなや猛チャージをかける父

 

f:id:tatutat:20190713014339j:image

選べるほど着物を持ってる一姫

いろいろ習い事をしてたから?

 

今日はタロウに何も言わないでと龍にたのむ

f:id:tatutat:20190713014356j:image

江火野はタロウとどう接したらいいかまだ迷ってる

会ったら自分がどうするか確かめたい

 

f:id:tatutat:20190713014407j:image

何も言わずアイコンタクトでトイレで話そうと伝わるタロウとイヴ

 

イヴは留守番しておこうかと気をつかう

タロウは一緒にいないほうが泣いたりしてんじゃないかと気になる

いつも通り一緒にいるぞ

 

トイレから出ると江火野がいた

頰から離れたとこに汗

どんな顔していいかわからない

f:id:tatutat:20190713014429j:image

おデコの絆創膏

たわいもない会話

笑顔で話すことができた

 

タロウと話すのがとても怖かった

f:id:tatutat:20190713014447j:image

でも良かった

普通に話せる…

ふり、

できて

 

初詣は鎌倉の鶴岡八幡宮がモデル

11時半に着いた

大和市から車で35分くらい

せっかく着飾ったんだから遠くても大きな神社行かなきゃ元取れないと言う一姫

 

f:id:tatutat:20190713014522j:image

イヴは振袖を自分で選んでみた

自分が好きな格好を選ぶのは難しいと言っていたイヴ

成長している

f:id:tatutat:20190713014537j:image

一姫がイヴと話すタロウを見ていた

 

f:id:tatutat:20190713014559j:image

同じ神社に来ていた振袖を着たリリスに気づいた江火野

思考が固まる

『オレ、好きな女の子がいる…』

タロウの言葉が呼び起こされる

f:id:tatutat:20190713014620j:image

さらに後方からタロウが近づいてることに気づく

 

 

サブタイトル「袖振り合うも…」はことわざと振袖をかけてるのでしょうか

 

 

鶴岡八幡宮

f:id:tatutat:20190708003613j:image

Google マップ

神奈川県の鎌倉にあります

 

扉絵は東京大神宮

f:id:tatutat:20190708003623j:image

Google マップ

こちらは東京都千代田区